【グロース銘柄分析】ギフトは国内1,000店舗、海外1,000店舗を目指す

家系ラーメンを展開するギフト(9279)の分析結果を紹介します。

  • ギフトに投資しようか迷っている
  • ギフトに投資しているが、どんな企業かあまり分かっていない
  • グロース銘柄を探している

こんな人に向けた記事です。

ギフトがどんな企業かがっつり学んで、自信を持って投資しましょう!

企業概要

ギフトは横浜家系ラーメン『町田商店』や、麺やスープなどの食材を提供するプロデュース事業を展開しています。

店のブランドは次の6種類で、横浜家系ラーメンの町田商店がメインブランドです。

  • 町田商店
  • ラーメン豚山
  • 元祖赤みそ家
  • ばってんラーメン
  • 釜焚きとんこつがっとん
  • 四天王

E.A.K.Ramenというブランドで海外進出もしています。

成長率

売上高の成長率は年20~30%と非常に高いです。
店舗数が順調に増加しており、店舗増加によって安定成長しています。

20年度はコロナウイルスの影響で費用がかさみ営業利益は下がっていますが、売上高は順調に伸びています。

コロナウイルスによる費用が減っていけば営業利益も増加傾向に戻っていきます。
そのため、21年度の業績予想は売上高+37.9%、営業利益+134.1%となっています。

今後の見通し

国内1,000店舗。海外1,000店舗。
目指すのは、ラーメンのインフラ企業。
目指しているのは日本一、そして世界一のラーメン企業になること。そしてそれを長く続けること。言うなれば、 ラーメンのインフラ企業です。それは、世の中に必要とされる企業でなければ実現できません。地元の人に 愛され、地元に根付くお店でありたい。その土地になくてはならない存在になりたい。私たちは、そう考えて います。海外は、まだまだマーケットが成熟していないので、開拓していく必要があります。企業としての チャレンジが求められる状況の中で、成功するまで挑戦し続けようと考えています。

https://www.gift-group.co.jp/business/

ギフトは上場当初から国内1,000店舗、海外1,000店舗を目標に掲げています。

国内の店舗数については、中長期計画で1,000店舗へのロードマップが示されています。

中期経営計画

20年10月期決算説明資料より抜粋

23年10月期までの中期経営計画が発表されています。
今後3年で売上高1.9倍、経常利益3.2倍の計画です。

毎年80店舗ペースで店舗を増やすことで達成を見込んでいます。

コロナ影響のある20年10月期においても70店舗を増やしているので、達成見込みは十分にあると思われます。

グロース銘柄へ投資したい、という方にはピッタリの企業だと思います。

≪関連記事≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です