簿記3級を飛ばして2級を目指して良いか?(飛ばして合格するコツ)

簿記

日商簿記の受験を検討していますか?

日商簿記は3級でも役立ちますが、就職・転職活動を考えると2級の取得が望ましいです。

そのため、中には3級は受けずにいきなり2級を受験しようと考える人もいるかと思います。

私は簿記2級から受験して、見事に失敗しました

今回は私が失敗した体験談と、いきなり簿記2級を受けるならどう勉強すれば良いか解説したいと思います。

私のやった事(失敗体験談)

いきなり簿記2級の勉強を開始

私はまず、簿記2級のテキストと問題集を買って読み始めました。

これまで簿記の勉強はした経験が無いのに、です。

理解はできるものの、仕訳の基本ができていないため、練習問題ではよく間違えました。

決算整理もかなり苦手意識を感じました

何しろ3級よりも複雑な修正仕訳のある2級をいきなり解いたからです。

試験を受けるも商業簿記はよく分からない

第146回の試験を受けましたが、商業簿記に歯が立たず、惨敗しました。

工業簿記に関してはそれなりでした。

工業簿記は2級から始まる分野のため、正しい学習ができていた訳です。

簿記3級から勉強したらよく分かった

2級受験の後、私生活が忙しくなった事もあり、簿記の事は諦めていました。

しばらくしてから考え方が変わり、資格取得でなく、簿記の基礎を理解しようと思うようになりました。

この辺り、心境の変化がありました

そこで簿記3級のテキストを買ってきて読み解いていると、結構理解できるのです。

2級の時つまづいたポイントも、3級のテキストで読むと理解できる事がありました。

私の失敗は明らかに、簿記2級テキストから学習を始めた事です

簿記3級に合格→簿記2級に合格

その後、順調に簿記3級に合格。

簿記の基本を理解できたと実感しました

簿記2級もとりあえず受けるかと思い、連結会計に戸惑いながらも合格できました。

3級を飛ばして2級合格する方法

ここまで私の経験談を話しましたが、ここからは3級を飛ばして2級に合格する方法について説明します。

3級のテキストは必読

最も大事なのは、簿記3級のテキストを入手する事です。

簿記3級で、仕訳と決算整理に慣れないと2級を学ぶ時につまづく原因になります。

まずは3級テキストを一通り読んで、練習問題を解いてみましょう。

4コマ漫画の面白い、パブロフ流で学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。