狼狽売りしたくないならフェアバリューを計算しよう(PEGレシオ)

  • 長期投資するつもりだったのに、急落して売ってしまった
  • 自分が売ったら急激に反発して悔しい
  • 買うのが早すぎて高値つかみしてしまった

こんな経験はありませんか?

冷静に投資するためには、数字で考えることが重要です。

  • 昨日より高い
  • 今日は安い
  • 今が買い時/売り時だ

こんな「感覚」で捉えていては冷静になれません。

解決策は簡単です。「数字」で判断することです。

自分が買いたい株価を「数字」で決めておけば、さらに安くなったとしても、自分がミスをした訳ではないと冷静になれます。

今回は、そんな「数字」の求め方を1つ紹介したいと思います。

フェアバリューの計算方法(PEGレシオ)

フェアバリュー(適正株価)の計算の1つにPEGレシオというものがあります。

PEGレシオ = PER ÷ 利益成長率

PEGレシオはPERを利益成長率で割ったものです。
利益成長率の高い銘柄はPERが高くても割安である、と解釈してください。

PEGレシオが低いものほど割安で、割安さの目安は次のようになります。

  • 2倍以上:割高
  • 1倍~2倍:適切な株価
  • 1倍未満:割安

例えば、利益成長率が20%でPERが20倍ならばPEGレシオは1で適切な株価となります。
利益成長率が50%ならばPERが40倍と高くても、割安と判断できます。

私はExcelで計算式を作り、業績を入力すると成長率が自動計算されるようにしています。

どの成長率を使うかは、少し悩ましいところですが私は売上高と営業利益の2つを重視しています。
純利益は特別損益に影響されるので、判断しやすい営業利益を重視しています。

もっと知りたい方は

PEGレシオについて知りたい方は「株で勝つ」で有名なピーター・リンチの本に書かれているので読んでみてください。

ピーター・リンチの株で勝つ[新版]―――アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です