【DMM株-米国株手数料無料】デメリットを避けたいなら無配当株

DMM株では米国株式の取引手数料が無料となりました。(2019年12月より)

大手ネット証券3社(SBI、楽天、マネックス)はどれも手数料がかかるので、無料は魅力的な内容です。

ただし、大手3社と比べて1つデメリットがあります。

今回はこのデメリットを避けて、メリットを受ける方法を紹介していきます。

デメリット:配当金の為替手数料(スプレッド)が高い

DMM株で注意して欲しいのは、為替手数料(スプレッド)です。

米国株式を売買するためには円とドルを交換する必要があります。

その時にかかる手数料が為替手数料です。

為替手数料は次の2つの時に発生します。

  1. 米国株の購入/売却時
  2. 配当金の受領時

購入/売却時の為替手数料は1ドルあたり25銭で、大手ネット証券と同じです。

しかし、配当金に対する為替手数料は、売買時よりもかなり高く設定されています。

配当金の為替手数料は1円

DMM株では外貨決済できないため、受け取った配当金は円で入金されます。

ドルで受け取った配当金が円に交換されるのですが、この時の為替手数料は1円と割高です。

現在の為替1ドル約128円のため、為替手数料は1%近くになってしまいます。

そのため、DMM株を使うなら配当金を避けるのがベストです。

デメリット対策:無配当株を買う

取引手数料は無料、配当金への為替手数料は高い、これがDMM株の特徴です。

そのため配当狙いの投資はNGですが、無配当株への投資は相性バツグンです。

嬉しいことに、米国株にはGoogleやAmazonのように無配当の超成長株がたくさんあります。

こうした無配当株へ投資して、キャピタルゲインで大儲けしましょう!

【DMM 株】口座開設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。