【女騎士、経理になる】各巻の「くっ●せ」の回数を調べてみた

「女騎士、経理になる」は簿記を学びながら笑える異世界ファンタジーです。

この物語の主人公となる女騎士(簿記2級保持者)の口癖が、

「くっ●せ」です。

google先生に怒られるかもしれないので、伏せ字にしています。

まぁ、何度も出てくるセリフなんですが、じゃあ実際何回出てくるの?

と疑問に思った訳です。

これをバシッと調べてみたので、是非見てみて下さい

ちなみに、この2つの部分はカウント外にしています。

  1. 女騎士でも屈しない会計講座
  2. 勇者編

「くっ●せ」の回数

第1巻:8回

f:id:hamahiro881477:20191216011637j:image
第1巻:8回
 タイトル回数
1話女騎士、経理になる。7
2話女騎士、ご主人様になる。1
3話女騎士、憂慮する。0
4話女騎士、帝都に行く。0
5話女騎士、慟哭する。0

第1話の7回が飛び抜けて多かったです。

もっと多い印象だったのですが、意外と出てこない回も多いですね。

第2巻:2回

f:id:hamahiro881477:20191216085048j:image
第2巻:2回
 タイトル回数
第6話女騎士、抱擁する1
第7話女騎士、焦燥する。1
第8話女騎士、荒野を駆ける。0
第9話女騎士、めかし込む。0
第10話女騎士、拝謁する。0
第11話女騎士、心を砕く。0

第2巻は戦争国債の発行が通知された回。

大きなお金の動く場面で、ギャグシーンも少なめ。

第3巻:2回

f:id:hamahiro881477:20191216101704j:image
第3巻:2回
 タイトル回数
第12話女騎士、温習する。1
第13話女騎士、戒飭する。0
第14話女騎士、切望する。0
第15話≪副都の悲劇≫前編0
第16話≪副都の悲劇≫中編0
第17話≪副都の悲劇≫後編1

第3巻は私の1番好きな≪副都の悲劇≫のエピソードがあります。

この記事に≪副都の悲劇≫の話を少し書いています。

簿記初心者にオススメのマンガを紹介(女騎士、経理になる。) – やろまい

第4巻:1回

f:id:hamahiro881477:20191216211858j:image
第4巻:1回
 タイトル回数
第18話女騎士、懸念する。0
第19話女騎士、喝破する。0
第20話女騎士、膝を打つ。0
第21話女騎士、一考する。0
第22話女騎士、感極まる。1

第4巻は活版印刷のお話が出てきます。

歴史ならグーテンベルグが発明したものですね。

このマンガではドワーフが聖書を印刷するために活版印刷機を独自開発しています。

第5巻:0回

f:id:hamahiro881477:20191217082807j:image
第5巻:0回
 タイトル回数
第23話女騎士、斡旋する。0
第24話女騎士、便宜を図る。0
第25話女騎士、受託する。0
第26話女騎士、実力行使に出る。0
第27話女騎士、太鼓判を押す。0

嗅ぎタバコとそれに隠された金貨を巡るコメディー回があるのですが、まさかの0回でした。

ちなみに、この回は本業外収益などの仕訳があって、簿記の良い勉強になります。

第6巻:0回

f:id:hamahiro881477:20191217084454j:image
第6巻:0回
 タイトル回数
第28話女騎士、捕縛する。0
第29話女騎士、待機する。0
第30話女騎士、嗚咽する。0
第31話女騎士、潜入する。0
第32話女騎士、開発する。0

女騎士が成長した(?)のか、なかなか出てきません。

第6巻では冒険貸借と保険が出てきます。

冒険貸借は海上保険と金貸しがセットにされたもので、初耳でした。

冒険費用を貸し出し、高利である代わりに失敗したらチャラにする、という契約です。

第7巻:0回

f:id:hamahiro881477:20191217085517j:image
第7巻:0回
 タイトル回数
第33話女騎士、遭遇する。0
第34話女騎士、激突する。0
第35話女騎士、決意する。0
第36話女騎士、赤面する。0
第37話女騎士、経理になる。0

第7巻では、ついに簿記の本懐といえる株式が登場します。

それも株主が出資額以上の責任を負う、今では聞きなれないタイプです。(無限責任制)

第8巻:1回

f:id:hamahiro881477:20191217160700j:image
第8巻:1回
 タイトル回数
第38話女騎士、到着する。0
第39話女騎士、急募する。0
第40話女騎士、賭けに乗る。0
第41話女騎士、動揺する。0
第42話女騎士、披露する。0
最終話女騎士、旅立つ。1

最終巻である第8巻は第7巻の内容から一転、突然船のレースが開催されます。

あまりにも唐突過ぎるんですが、その中で大事なテーマが1つ含まれています。

これまでダークエルフに助けられてきた女騎士が、今では一人前の経理になれていた。

これが最終巻の一番のテーマなのかなと思います。

打ち切り感は満載なので、気になる人は自分で確かめてね

総合計:14回

「くっ●せ」の登場回数は合計14回でした。

平均すると1冊あたり2回弱で、5〜7巻の0回が平均を押し下げています。

実際数えてみると、意外と少ないな、という印象です。

カウント外とした、会計講座や勇者編にも含まれているのかなぁ。

created by Rinker
¥5,566 (2022/11/30 02:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です