洗面台の簡単な掃除方法を紹介。アルミ箔とスプレーで汚れ防止も

キレイな洗面台は好きですか?

私はピカピカの洗面台が好きです。

特に、掃除をし終わった後のキレイな状態を見ると嬉しくなります。

けど、洗面台って毎日使うから汚れやすいですよね。

排水口に髪の毛が詰まると、取り除かないといけないですし。

後回しにしがちな洗面台掃除ですが、ちょっとした道具を使えば掃除がラクでキレイになります。

今回は洗面台の掃除にピッタリの道具と、キレイを維持するコーティングスプレーを紹介します。

ちっちゃいメラミンスポンジが超便利

f:id:hamahiro881477:20200106165938j:image

洗面台の掃除には、キューブ形の小さなメラミンスポンジが便利です。

水回りの汚れを簡単にキレイにする事ができます。

また、小さくてたくさん入っているので、使い捨てできるというのも大きなメリットです。

  1. スポンジを洗わなくて済む
  2. 洗面台に置かなくて済む
  3. 置いたスポンジで洗面台が汚れない

置いたスポンジを持ち上げると、下が汚れてた。誰しもこんな経験ありますよね。

使い捨てにすれば、こんな気分も味わわないで済みます。

ダイソーで30個入りのものが、110円で売っています

ちょっとお高めですが、Amazonでも60個入り498円の商品があります。
ダイソーが近くに無い人はどうぞ。

アルミホイルを丸めてヌメリ対策

排水口のヌメリ対策にはアルミホイルが活躍します。

アルミの金属イオンには抗菌作用があり、ヌメリの元となる雑菌の繁殖を抑えてくれるからです。

f:id:hamahiro881477:20200106170137j:image

写真のようにアルミホイルをちぎって丸めて、アルミ玉を作ります。

表面積が広い方が効果的なので、くしゃくしゃした感じに丸めましょう。

f:id:hamahiro881477:20200106170856j:image

後は、こんな感じで排水口のサイズに合わせて、いくつかアルミ玉を入れればOKです。

アルミ玉の個数は、水を流した時にくるくると回ってくれるぐらいがオススメです。

排水口に満遍なく触れて抗菌作用を発揮してくれます。

アルミ玉サイズ考察(結果発表)

アルミ玉を入れていても、部分的にぬめりが出てくる場所があります。

その理由は、アルミ玉が受け皿と触れていない部分があるためです。

この対策として、アルミ玉のサイズを小さくする実験をしています。

サイズを小さくすることで、接する面積を増やし、水流で動いて受け皿と満遍なく触れる事を狙います。

≪結果発表≫

小さいサイズの方がぬめり防止効果が大きい!

アルミ玉のサイズを小さくしてから、かなり経ちますがぬめりは抑えられています。

※いつもは定期的に交換している

サイズは直径で8mmほどです。

同じサイズにすれば効果が出ると思います。

アルミ玉だと効果の持続期間が短いため、別の方法も検討しています。

髪の毛が詰まったらお箸で掃除

これをやり始めてから、排水口掃除がラクになりました

割り箸を使えば、手を汚さずに絡まった髪の毛を捨てる事ができます。

以前は絡まったタイミングで掃除していたのですが、アルミ玉を入れておけば汚れが少ないので、髪の毛を取り除くだけで大丈夫になりました。

ついでに、汚れたアルミ玉もポイして新しくしましょう。

コーティング剤をスプレーして汚れ防止

f:id:hamahiro881477:20200107084347j:image

洗面台の掃除の後は、コーティング剤をスプレーしておくとキレイな状態を長持ちできます。

私が使っているのはこの商品で、スプレーした後に水で流せばOKです。

f:id:hamahiro881477:20200107085235j:image

スプレーした後は、撥水作用が現れるので上の写真のように水が浮き上がります。

効果は大体2週間ぐらいで、その間は水アカなどが出にくくなります。

キレイ好きな人にはオススメですね

まとめ

  • 洗面台掃除にはメラミンスポンジが便利
  • アルミ箔を使えばヌメリ予防できる
  • 髪の毛が詰まったらお箸が便利
  • コーティング剤を使えばキレイが長続きする

こちらの記事も合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です